5月17日,日本画像学会が多様化する画像技術と可能性をテーマに勉強会

セミナー・シンポジウム

日本画像学会は5月17日,京都市下京区の京都市産業技術研究所で,「多様化する画像技術とこれからの可能性」をテーマにシンポジウムを開く。従来とは異なる新しい価値を提供する画像技術に焦点を置き,様々な分野で活躍中の取り組み事例を紹介しながら,現時点での画像技術の到達点及び今後の画像技術の可能性を議論する。定員は90人。参加費は1万6000円(一般),9000円(会員),2000円(学生)。

http://www.isj-imaging.org/event/symposium/symp_2019/2019_symp_kyoto.html