12月6日まで,印刷博物館P&Pギャラリーで「現代日本のパッケージ2020」展

デザイン・アート

凸版印刷が運営する印刷博物館P&Pギャラリーは12月6日まで,「現代日本のパッケージ2020」展を開いている。パッケージの現場で重ねられた取り組みの成果を知る機会の一つとして,日本で開催されている大規模なパッケージコンクールの受賞作を中心に紹介している。月曜日休館。入場無料。
https://www.printing-museum.org/exhibition/pp/201010/