12月14日~2020年3月29日,印刷博物館で「世界のブックデザイン2018-19」展

展示会

東京・大曲の印刷博物館P&Pギャラリーは12月14日~2020年3月29日,「世界のブックデザイン2018-19」展を開く。「世界で最も美しい本コンクール」および,日本,ドイツ,オランダ,スイス,オーストリア,カナダ,中国の各国コンクール入選図書を展示する。入場無料(印刷博物館本展示場は入場料必要)。
12月15日に広瀬奈々子(映画監督),水戸部功(装幀家),菱沼達也(編集者)各氏による「紙の本が生まれる,その舞台裏へ」,2020年3月7日に藤田裕美(アートディレクター/グラフィックデザイナー),刈谷悠三(neucitora/グラフィックデザイナー),平林美咲(紙作室そえがき/グラフィックデザイナー)各氏による「第53回造本装幀コンクール受賞者“受賞作”を語る」のトークショーを予定している。また,2020年3月15日に製本ワークショップを行う。
https://www.printing-museum.org/exhibition/pp/191214/